FC2ブログ

「魔王」スピンオフ作品 Waltz 1 著者:伊坂幸太郎/大須賀めぐみ 

Waltz 1 (少年サンデーコミックス)

街を彷徨う、名もなき、若き殺し屋。孤独な彼の前に現れた「岩西」と名乗る男は、彼を「蝉」と呼んだ。

今、最も注目される小説家、伊坂幸太郎の原作「魔王」を大胆にコミカライズした前作「魔王JUVENILE REMIX」からさかのぼること数年前。

あの人気キャラクター、蝉と岩西の出会いを描く、殺し屋たちの円舞曲


Waltz 1 (少年サンデーコミックス)

魔王に登場してくる蝉という殺し屋が主人公の物語です。

魔王に登場する4年前の殺し屋となるところからスタートします。

子供の頃から暴力を振るい、周りから理解されず、孤独だった少年。

その子供は暴力から殺し屋になっていきます。

しかし、殺し屋を名乗っていても性格は昔のままであり、ターゲットであろうが、依頼主であろうが、気に食わない奴を殺す少年。

そんな殺し屋を雇っていくれる奴がいるわけもなく、殺した依頼主のヤクザから狙われてしまいます。

そんな中出会ったのが、岩西だったのです。

彼は強い殺し屋を探していたのだが、情報屋から蝉を教えてもらい、近づいた。

人のぬくもりを求めていた蝉と力を求めていた岩西のコンビ。

意外と単純な蝉を名前を与えて上手くコントロールしている岩西。


著者
伊坂幸太郎 / 大須賀めぐみ

出版社
小学館


Waltz 1 (少年サンデーコミックス)
伊坂 幸太郎 大須賀 めぐみ
小学館
おすすめ度の平均: 5.0
5 キラー・イン・ワンダーランド
5 早く続きが読みたい作品
5 普通の人間の視点を必ず入れる素晴らしさ
5 「魔王」のスピンオフ
5 とても嬉しいスピンオフ


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

スポンサーサイト



   【新刊情報】 【無料で読む】 【アニメ化作品】 【Hなマンガ】 【レビューを読む

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ororonmon.blog4.fc2.com/tb.php/188-ea82097a